医療関係者の方へ

診療科紹介:脳神経外科





脳神経外科は平成12年(2000年)4月に神経内科(脳血管内科)とともに開設されました。以来、佐賀西部から長崎東部地区の脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍、脊髄疾患の治療を担って参りました。
特に急患は24時間受け入れ、放射線科と麻酔科の協力のもと緊急検査、緊急手術が迅速に行える体制になっております。
また近年各種モニタリングシステム、Zeissの最新型顕微鏡を導入しており、難易度の高い手術も安全確実に行っております。

脳卒中に関しては毎朝神経内科と合同カンファレンスを行い、高い診療レベルで患者の治療を行っており、さらに佐賀県脳卒中連携パスを利用して回復期医療機関と密に連携することで、患者さんの早期の回復に努めております。

診療内容

専門的治療(手術)を行っている代表的な疾患

A) 脳卒中脳梗塞予防のための血行再建術(バイパス術)
頸動脈狭窄症に対する頸動脈内膜剥離術
未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術
くも膜下出血に対するクリッピング術
脳動静脈奇形、脳出血など
B) 脊椎脊髄疾患椎間板ヘルニア、頚椎症、靱帯骨化症、脊髄腫瘍など
C) 脳腫瘍髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍、グリオーマなど
D) 外傷脳挫傷、脳出血、骨折、硬膜外血腫、硬膜下血腫など
E) 機能的疾患顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛に対する神経血管減圧術

特 徴

A) 脳卒中医療はチーム医療の時代であり、脳内科と一致協力して高いレベルの診断と治療を提供している。
B)脳卒中地域医療および救急医療の核となって、地域医療機関との連携を深め、入退院や転院および救急を迅速かつ円滑に行っている。
C)脳疾患専門病棟(東2階)が平成15年6月に完成した。
最重症疾患対応可能な集中治療室を併設し、脳専門医(内科/外科)および脳専門ナースによる専門的医療を行っている。

J-ASPECT Studyに参加しています

・脳出血高リスク群を抽出する革新的な臨床診断意思決定システムの開発に関する研究



スタッフ紹介

宮園 正之
宮園 正之
外科系診療部第二部長(脳神経外科部長)
昭和61年卒
専門・所属等 日本脳神経外科学会専門医
日本脊髄外科学会認定医
日本脳卒中学会専門医
臨床研修指導医
身体障害者福祉法第15条第1項の規定による指定医師(脳神経外科)
脳血管障害、脳腫瘍、脊椎脊髄、機能外科と幅広く脳神経外科疾患に対応しておりますので何かありましたら気軽に電話して頂けたら幸いです。
村田 秀樹
村田 秀樹
脳神経外科医師
平成17年卒
専門・所属等 日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医
宜しくお願いします。
横溝 明史
横溝 明史
脳神経外科レジデント
平成26年卒

診療実績

平成28年度

入院患者数214名、手術件数93件

手術件数:93例
 *脳血管障害:39
     (脳動脈瘤開頭クリッピング術20、脳動脈瘤コイル塞栓術3、
      CAS 1、CEA 9、開頭血腫除去5、その他1)

 *脳腫瘍:10(開頭腫瘍摘出8、経鼻的手術2)
 
*頭部外傷:29
     (急性硬膜外血腫1、急性硬膜下血腫2、慢性硬膜下血腫23、
      その他3)
 *水頭症:8 
 
*神経血管減圧術:1

 *その他:6(頭蓋形成術3、減圧開頭術1など)