医療関係者の方へ

診療科紹介:耳鼻咽喉科





耳、鼻、顔面、口腔・咽頭、喉頭、頸部に関する症状について診断・治療を行なっています。

診療内容

真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術は病状にもよりますが2回にわけて手術を行なっています。
一回目は聴力改善よりも病変の徹底的な除去を優先します。一年後をめどに鼓室粘膜の再生を図った後に2回目の手術を行ないます。
再発の有無を確認し伝音再建を行なって聴力改善を目指します。

薬物療法やレーザー焼灼では効果不十分なアレルギー性鼻炎に対しては内視鏡下に後鼻神経切断術を行なっています。
レーザー焼灼は当科では行なっていませんので希望される場合は他施設へ紹介しています。

頭頸部癌

遊離組織再建が必要と判断される症例については大学病院などへ紹介しています。
遊離組織再建が不要な症例については積極的に手術治療を行ない、臓器温存希望や病状によっては化学放射線療法を選択しています。
化学放射線療法については現在の標準治療であるシスプラチンと放射線治療の同時併用療法を主におこなっています。最大の治療効果を得るためには治療の休止や抗癌剤を減量することなく予定の治療を完遂することが重要と考えており、治療開始前の胃瘻造設やNSTチーム、緩和チームに治療開始時点から介入依頼するなど支持療法にも力を入れています。

口腔癌、舌癌について

当科でも可能な範囲で積極的に治療を行なっています。
歯科口腔外科との違いについて質問を頂くことがありますが、高血圧や糖尿病などの全身疾患の合併や全身に影響が及ぶ抗癌剤の使用などを考えますと歯科医師単独での治療には限界があると当科では考えています。
詳しくは「日本耳鼻咽喉科学会HP」をご参照ください。

甲状腺腫瘍、副甲状腺腫瘍

甲状腺、副甲状腺腫瘍については耳鼻科で手術も含めた診療を行なっています。

スタッフ紹介

梅木 寛
梅木 寛
耳鼻咽喉科医長
平成11年卒
専門・所属等 日本耳鼻咽喉科学会専門医
臨床研修指導医
宜しくお願いいたします。
桂 資泰
桂 資泰
耳鼻咽喉科医長
平成11年卒
専門・所属等 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
身体障害者福祉法第15条第1項に規定による指定医師(耳鼻咽喉科)
よろしくお願いします。