医療関係者の方へ

臨床研修プログラム:研修中及び修了者の声





1)小橋 啓太 先生(平成30年3月31日臨床研修修了)

 長崎大学卒業後に嬉野医療センターで2年間初期研修をしました。学生の頃は県内での研修を考えており、これまで縁のなかった佐賀で研修をするとは思っていませんでした。
しかし、6年生の時に病院見学をさせて頂き、見学時の雰囲気も予想以上に良く、病院の規模も気に入り研修先に決めました。

 研修医の数も多くなく、プログラムは自由に組むことができました。
教育担当の内藤先生はいつでも相談に乗ってくださって、非常に助かりました。
また、毎年行われている国立病院機構学会も研修医全員で参加することとなっており、勉強になったとともに、学会開催地であった沖縄で同期と飲み明かした良い思い出もできました。
私生活の関しても嬉野には温泉街もあり、温泉に浸かりながらゆっくり人生について考えるのも良いと思います。

 研修先として当院を考えている学生は一度病院見学に来てくれると良さがわかると思います。


2)松岡 優毅 先生(平成30年3月31日臨床研修修了)

  “マイペース”、“アットホーム” な雰囲気が自分に合っていると感じて研修先として嬉野医療センターを選びました。
症例数が豊富で診療科が充実していること以外にも、各科の垣根が低くローテート中の科以外の先生も親身に相談に乗ってもらえる環境、またコメディカル・事務の方々にも気軽に相談できる環境というのも、初期研修にはとても大事な要素です。

 また、”自分のやりたいこと”を尊重して研修させてもらえる自由度の高いカリキュラムは、教育研修部と上の先生方の理解・協力があって初めて成り立つものであり、恵まれている環境だとつくづく思います。

 百聞は一見に如かずです、ぜひ一度温泉・湯豆腐体験もかねて見学に来てみてはいかがでしょうか?


3)松岡 綾華 先生(平成30年3月31日臨床研修修了)

 自分の目標や経験したいことに応じてたくさんの経験を積ませて頂きました。大変な時期もありますが、日々やりがいと充実感を味わいながら研修できました。
基本的にそれぞれの診療科を研修医1人ずつローテートするため、症例も手技も豊富です。
また私にとって、長崎や佐賀に関連施設が多く、比較的自由に色々な施設をローテートできる制度もありがたかったです。

 早朝や終業後に手技の練習に付き合ってくださったり、サマリや診療情報提供書の書き方を遅くまで残って教えてくださったりした先生方にとても感謝しています。



4)白石 匠 先生(平成30年3月31日臨床研修修了)

 「嬉野医療センターのスタッフは互いに挨拶をちゃんとするから働きやすい。研修医の人数も少ないからみんなに覚えてもらえる。」
そう教育研修部の内藤先生が仰っていたことをきっかけに、病院見学に伺い雰囲気の良さを感じて、当院で研修することを決めました。そしてそれは間違っていませんでした。

 研修プログラムは自由度が高く、学びたいことの優先順位が変わったとしても、相談すれば回る科の変更なども柔軟に対応していただけます。
外部病院での研修希望を直前に出してしまった時も、快く先方の病院と交渉して研修環境を整えていただけました。また嬉野医療センターは研修医の人数が少なめなこともあり、手技なども集中して指導していただくことができます。

 学びの機会としても、研修医のためのカンファレンスや抄読会のほか、さまざまな勉強会を用意していただいています。当直に関しても、基本的に上級医とのペアで指導を受けながら診療に当たることになるため、大変勉強になります。
その他環境としても、研修医室には個人の机が用意され、また研修医専用の快適な寮も病院の敷地内に設置されています。

 最後に。大変人に恵まれた研修生活でした。先生方、コメディカル、事務の方々、そして同期に感謝いたします。


5)濱田 由紀 先生(平成28年3月31日臨床研修修了)

 研修病院を選ぼうとしていた時期に、『最初の病院は、患者さんへの接し方や医師としてのベースを形成する場になるという意識を持って選んでみたら』と母がアドバイスをしてくれました。

 地元・鹿児島へ帰ることも考えましたが、嬉野医療センターを見学した際、その雰囲気や外来の患者さんの挨拶、スタッフ同士のやりとりを見ていて“医師としてのベース”はここで作りたいと同院での研修を決意しました。
各科を一人、多くても二人の研修医がローテーションするという規模感にも魅力を感じました。
 そんなに社交的な性格でないこともあり、少ない人数の中で、深く学びたいと思っていました。自分が診たいと思う症例も、各科に一人の研修医しかいないと独り占めできます。

 これまで、循環器内科、麻酔科、救急科、呼吸器内科を順調にローテート。重症患者や手術後のICUにおける繊細な全身管理まで、一年目から多くの経験ができて満足しています。
 研修医へのチャンスが多い病院は、ほかにもあるかもしれない。でも、ここは戦力として見てくれている実感があります。女性医師も多く、技術以外にもキャリア形成など参考になる場面が多いのも、来てみてわかった魅力です。


6)柴宮 浩希 先生(平成28年3月31日臨床研修修了)

 嬉野医療センターは、佐賀県南西部から長崎県の一部を含む地域の中核病院です。
様々な症例が集まり、熱意あふれる指導医のもとで多くの症例・手技が経験できます。

21の診療科・80名以上の医師がいますが、総合医局で各科の垣根が非常に低いため、気軽に相談ができ、ローテート中の科以外の診療科指導医からも指導が受けられます。

 また、研修プログラムは非常に自由度が高く各々が目指す目標に向かって最適な研修プログラムを組むことができます。
更に、医師としての総合的能力を身につけることを目的に学会発表や論文作成を積極的に行っています。
ぜひ、一度病院見学にお越しください。


7)藤井 由佳 先生(平成28年3月31日臨床研修修了)

 嬉野医療センターに初期研修医として勤務させていただき、今年で二年目となりました。

 私がこの病院を選んだ理由は、出身大学で出会った先生が嬉野医療センターで研修を受け、非常に良かったと伺ったことがきっかけで、大学最終学年の5月に病院見学をしました。
院長の河部庸次郎先生、副院長の岡忠之先生、教育研修担当の内藤愼二先生との面接の際、岡先生が「飛行機の中で医者はいませんかと言われたときに、手を挙げられるような医師になってください」とおっしゃられ、私もぜひそういう医師を志したいと思いこの病院でお世話になることを決めました。

病院や嬉野の町そのもののゆったりとした雰囲気も自分に合っているように感じられました。実際に勤務し、当初の印象は今も変わらず、この病院を選んで良かったと思っています。
カリキュラムもよく考えられており、個人のペースに合わせてプログラムを組むことができ、研修医の要望を上の先生方がよく聞いてくださいます。
抄読会、研修医のためのカンファレンスや勉強会が毎週実施されます。
週に一度佐賀大学病院から地域医療支援学講座の杉岡隆教授がお来しになってビジットティーチングをしていただいており、総合内科的な視点からの医療の考え方を学ぶことができ、大変勉強になっています。
また今年からカナダ人の英語講師から英語の授業を受けることもできます。葉隠館という研修医専用の快適な住居も病院の敷地内に完備されています。

先生方始めコメディカルや事務の方々に助けていただき、様々な患者様と触れ合いながら日々学ばせていただいており、恵まれた環境におかせて頂いています。


8)高比良 飛香先生 (平成24年3月31日臨床研修修了)

 長崎大学病院 放射線科の高比良飛香と申します。

 長崎で生まれ育ち、大学まで長崎。初めて外に出たのが嬉野でした。「うちで研修したら絶対に後悔させない!」という院長先生、教育研修部の先生のお言葉を頼りに、2010年4月嬉野医療センターの初期臨床研修医となり、2012年3月までお世話になりました。

 子どもの頃から「内科のお医者さん」になりたいと思っていた私は、嬉野医療センターでの2年間、内科を中心にローテートを行いました。
一方で、医学部6年生の時の高次臨床実習で回った放射線科にも興味を持っており、将来放射線科を専攻することも考えて、放射線科をはじめ外科や産婦人科など様々な科で研修させていただきました。

もともと体力に余裕がなく、自分が子どもの頃幾度となくお世話になった近所の医院の女医さんに憧れたのが、医師を志したきっかけの一つです。
学部卒業後も体力に自信のない私でしたが、嬉野医療センターの先生方とコメディカルの方々の親身なご指導、サポートのおかげで初期研修を修了することができました。心から感謝しています。
また、日々の臨床業務だけでなく、研究発表についてもご指導いただき、全国学会、地方学会、更に国際学会にも出席させていただけたことは非常に印象的で、一生の思い出です。