当科は、脳血管障害に対し高度な専門的医療を提供し、佐賀南西部から長崎東部地区における脳卒中センターとしての役割を担っており、脳神経外科と協力して、土曜、日曜を問わず24時間体制で急性期脳血管障害患者を年間150例以上受け入れています。また、パーキンソン病から、頭痛、めまい、しびれにいたるまで幅広い神経疾患も診療い致します。

嬉野医療センターは脳血管障害の診療実績が評価され、平成17年2月に日本脳卒中学会認定教育病院となりました。脳血管障害患者さんに対しては、頚部ドップラーエコー、CT、MRI、MRアンギオ、脳血管撮影、脳血流シンチなどの画像検査を適宜用いて診断を行い、それに基づいた最適な治療を目指しています。

最新の治療としては、平成17年10月より許可された脳梗塞発症3時間以内のtPA静注療法に積極的に取り組んでおり、平成22年度は、急性期脳梗塞172例中8例に施行致しました。

診療内容

病床数は脳神経外科との混合病棟40床で、神経内科医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー(MSW)などの多職種からなるスタッフチームの脳卒中管理指針に従って患者の包括的評価を行い、協調的に治療を行っています。

院内カンファランス

  • 神経内科脳神経外科合同カンファレンス:週5回(月曜~金曜の毎朝)
    (前日の新入院患者・問題症例の検討、手術施行患者の術中ビデオ呈示など)
  • 神経内科リハビリテーションカンファレンス:週1回
  • 嚥下回診:週1回

スタッフ紹介

小杉 雅史
小杉 雅史
神経内科医長
平成12年卒
専門・所属等 内科認定医
総合内科専門医
神経内科専門医
内科指導医
難しい病気をよりわかり易く、皆様と共に患者様の生活を支えていけますよう取り組んでまいります。
お気軽に御相談下さい。
関 賢太
神経内科医師
平成21年卒
知識、経験を活かせるよう頑張ります。
吉川 正章
吉川 正章
神経内科レジデント
平成26年卒
まだまだ若輩者で至らない点も多いと思いますが、皆さまのお役に立てるよう精進して参りたいと思います。
宜しくお願いします。

診療実績

平成
18年
平成
19年
平成
20年
平成
21年
平成
22年
平成
23年
平成
24年
平成
25年
脳梗塞・TIA151184181163 172157152174
超急性期
血栓溶解療法
7(6)20(19)10(10)8(8) 8(8)11(11)14(14)17(17)

( )はtPA静注投与例