当院の外来受診時のお薬は原則「院外処方」です

嬉野医療センターでは、国の方針に基づき外来受診時のお薬は原則として「院外処方せん」を発行しています。 「院外処方せん」の発行を受けた患者様は、ご自宅の近くなど、ご都合の良いかかりつけ薬局(保険薬局)で調剤をしてもらうことができます。

「院外処方せん」によるお薬の受け取り方法としまして、通勤の途中あるいはご自宅の近くの保険薬局でお薬をもらえるように院外処方箋FAXコーナーに「保険調剤薬局の地図」をご案内しております。
ご不明な点がございましたら、薬剤部窓口または院外処方箋FAXコーナーでご遠慮なくお尋ね下さい。

かかりつけ薬局とは

薬局は自由に選ぶことができます。あなたの好きな薬局を「かかりつけ薬局」にしましょう。
「かかりつけ薬局」を決めておくと次のような良い点があります。

  1. 患者様の「薬歴(お薬の服用の記録)」をつくります。お薬に対するアレルギー、副作用等を記録することによって服用するお薬の安全性を高めることができます。
  2. 複数の病院、診療科にかかって薬をもらっている場合、相互作用(お薬の飲み合わせ)や重複投与がないかを確認します。
  3. 大衆薬との飲み合わせも確認します。
  4. お薬の服用方法、注意事項などわかりやすく説明してもらえますし、お薬のことについて何でも相談することができます。

「院外処方せん」によるお薬の受け取り方法としまして、通勤の途中あるいはご自宅の近くの保険薬局でお薬をもらえるように院外処方箋FAXコーナーに「保険調剤薬局の地図」をご案内しております。
ご不明な点がございましたら、薬剤部窓口または院外処方箋FAXコーナーでご遠慮なくお尋ね下さい。

院外処方箋の流れ

当院から事前に処方箋を送る事で待ち時間を短縮する事が出来ます。

よくあるご質問

院外処方箋を受け付ける薬局には、「処方せん受付」または「保険薬局」の表示があります。どこの保険薬局(調剤薬局)でもお薬を受け取ることができます。

どこの薬局を選べば良いのでしょうか?
薬局は自由にお選び下さい。お住まいの近くや通勤の途中、会社の近くなどでかかりつけの薬局を選んでいただくと便利です。

院外処方のメリットは?
ファクシミリで処方内容を事前に調剤薬局に送ることで、都合の良い時(ただし発行日を含めて4日間以内)にお薬をもらうことができます。
調剤薬局では患者様に処方されている薬をすべて記録して薬歴(お薬の服用の記録)を作成し薬の飲み合わせや副作用を調べ薬の安全性を高めます。また、お薬の服用方法、注意事項などわかりやすく説明してもらえますし、お薬のことについて何でも相談することができます。

支払いはどうなりますか?
院外処方せんにより院外の薬局でお薬を受け取る場合、病院で受け取る場合よりも患者様のご負担分が若干多くなります。
これは保険薬局で患者様の薬歴を記録したり、詳細なお薬の説明を行うことによるものです。

当日、薬局に行く時間がない場合、翌日でもいいのでしょうか?
翌日でも構いません。院外処方せんの有効期間は、発行日を含めて4日間となっています。なお、仕事の都合によりご自身がお薬を取りにいけない場合には、ご家族の方などが処方せんを調剤薬局に持っていき、調剤してもらうこともできます。