部門案内





感染対策室は室長である専任の感染制御医師1名、専従の感染管理認定看護師1名で構成されています。

院内における院内感染対策委員会、感染対策チーム(Infection control team:ICT)、看護部感染対策担当(リンクナース)委員会の中心的な役割を担い、院内における感染予防、感染拡大防止等の感染管理を行っております。

安全で質の高い医療サービスの提供に努めるため、院内職員に限らず委託業者、院外の医療従事者への教育も行っております。
地域の連携医療機関と合同カンファレンスを開催し、感染対策に関する情報の共有、課題に対するディスカッションなどを行い、それぞれの施設の質の向上に取り組んでいます。

主な活動内容

  1. 院内における医療関連感染に関するサーベイランス
  2. ICTによる感染対策実践評価等のための各部署ラウンド
  3. 院内感染対策マニュアルの作成・改訂
  4. 職員の職業感染対策(針刺し事故、ワクチン接種など)
  5. 感染対策に関する教育
  6. 感染対策に関する相談(院内外)
  7. 抗菌薬の適性使用に関するカンファレンス
  8. 感染対策に関する地域医療機関、行政との連携
  9. 院内感染発生時の対応

ご来院の皆様へご協力のお願い

  1. 病室への入退室時には手洗いあるいは手の消毒をお願いします。
  2. 体調不良の方、小さなお子様のご面会はご配慮をお願いします。
  3. 咳やくしゃみなどの症状がある方は、マスク着用の上、ご来院をお願いします。
  4. インフルエンザ等が流行する冬場の来院時には特に感染対策へのご協力、ご配慮をお願いします。