部門案内





地域医療連携室は地域の中核病院として、紹介患者さんに対する医療の提供、医療機器等などの共同利用や研修等通じて、かかりつけ医を支援するとともに地域の医療機関との連携を深め、患者様が安心して受けられる医療・福祉のお手伝いを行っています。

業務案内

1.新患紹介患者の診療予約制度

当センターでは、従来より再来患者様には予約診療を行っております。初診患者様には、できるだけ待ち時間 を短縮し診察できるように、地域医療連携室を通じて簡単に紹介患者様の初診予約を実施しております。

2.高額医療機器・高度専門検査の予約制度

当センターではより正確な診断を目指し、最新の放射線診断機器を配備いたしました。地域の先生方には、地域医療連携室を通した検査予約によって、これらの機器を有効に活用していただき、日々の診療にお役に立てていただければと思います。
現在のところ検査項目としては、CT、MRI、RI、マンモグラフィー、特殊超音波検査(乳腺、頚部血管)、内視鏡検査、を予定しています。

3.受診状況のFAXによるご報告

ご紹介いただきました患者様の受診状況を、即日FAXにてお知らせいたします。また、今後の方針や診療結果などの担当医師からの返事を、迅速・確実にお届けするようにいたします。

4.積極的に逆紹介をいたします

急性期病院としての当センターの機能を最大限発揮するために、急性期を乗り越えられた患者様の紹介元への積極的な逆紹介を行います。患者様の急性変化の場合には、24時間体制のもとで、いつでも診療や入院対応をさせていただきます。

5.地域医療連携推進セミナーの開催

地域の医師会の先生方、薬剤師、看護師、保健所、その他医療行政に携わる方々の学習の場として、研修会、講演会、紹介をいただいた患者様の症例検討会 カンファランスなどを開催いたします。

6.在宅復帰・転院支援

在宅療養に向けての課題を予測し、患者様やご家族の相談に応じ、介護や福祉サービス等の活用を促しながら在宅復帰への調整、支援を行っていきます。また、在宅療養が困難な場合は状況に応じた転院や施設入所に向けた支援を行います。

7.心理的・社会的問題の解決、調整支援

患者様は傷病による療養に伴って、様々な問題や不安が発生することがあり、その問題が解決や軽減しなければ、入院前の生活に戻れない場合があります。 患者様やご家族の相談に応じ、医師や看護師、他のコメディカルスタッフと協力しながら問題の解決、調整などの支援を行います。

8.地域連携システムによる医療機関との連携

当院は佐賀県地域連携システム(ピカピカリンク)と長崎県地域連携システム(あじさいネット)を運用しており、同システムによる情報開示により登録医療機関との連携を深めています。

9.肝炎・糖尿病・がん地域連携パスのコーディネーターによる支援

佐賀県の事業として、肝炎・糖尿病コーディネーターの活動を行っています。肝炎や糖尿病の治療に向けてのサポート、市民啓発活動、地域医療機関との連携を深めて、患者様の支援を行っています。
また、がん地域連携パスコーディネーターはパス運用の推進活動を行い、地域医療機関との連携を深め、がん患者様の支援を行っています。

連絡先

地域医療連携室
Tel.0954-43-1213  Fax.0120-473-489
E-mail:renkei@uresino.go.jp