当院について

平成28年度病院情報(DPCデータによる病院指標)


平成28年度病院情報(DPCデータによる病院指標)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)



年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 991 209 160 269 354 734 1902 2306 1793 414

 平成28年度の入院患者年齢分布を示します。10歳以下が約10%、60-69歳が約20%、70から79歳が約25%、80~89歳が約20%で60歳以上の入院がが約70を占めています。10歳以下の小児を除くと60歳以上が約8割を占めていて、地域の高齢化率の上昇を反映しているものであり、この様な傾向は今後も続いていくものと考えられる。



診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍(化学療法) 31 3.7 4.5 0.0 72.3  
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 45 9.0 4.6 0.0 63.8  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 44 20.6 12.7 6.8 69.5  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍(手術あり) 30 19.7 15.9 6.7 72.0  
060150xx03xxxx 虫垂炎 22 6.8 5.6 0.0 21.9  

 乳癌外科では乳癌の診断から手術、薬物療法、放射線治療まで総合的に診療を行っています。呼吸器外科では肺癌、気胸、縦隔腫瘍などの手術を行っており、いずれも胸腔鏡を用いた手術を積極的に行っています。消化器外科では胃癌、大腸癌、肝癌、膵胆道癌などの悪性疾患を中心に手術を行っていますが、胆石症、ヘルニア、急性虫垂炎、腹膜炎などの良性疾患に対しても手術を行っています。腹腔鏡手術を導入し、低侵襲手術を心掛けています。進行癌に対しては術後化学療法も積極的に行っています。

 

眼科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 23 7.6 7.0 4.4 65.3  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 18 8.3 7.7 0.0 71.3  

 当科で最も多い入院患者である白内障手術の患者さんは短期滞在手術としての入院となり、この診断群分類による主要な疾患の統計からは除外されています。
2番目に多い患者さんは種々の現員による硝子体手術の必要性のある患者さんであり、次に黄斑疾患となります。

 

呼吸器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍(検査入院) 100 4.2 3.7 0.0 72.1  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍(化学療法) 66 20.6 12.4 3.0 69.8  
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍(化学療法) 55 15.6 10.8 7.3 70.2  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 34 22.0 19.9 8.8 73.9  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍(手術・処置等なし) 30 22.8 14.8 33.3 73.0  

 当科で最も多いのは肺悪性腫瘍の検査入院ですが、主として気管支鏡による検査を行っており、全国の平均在院日数と比較して約半日長くなっています。 肺悪性腫瘍(肺癌)の化学療法による入院件数が次に続いていますが、ベバシズマブという特殊な治療薬を使用した場合には3番目の疹d南軍分類になります。 次に多い疾患は間質性肺炎の患者さんです。

 

産婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 28 8.2 6.4 0.0 47.8  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 26 11.7 9.9 0.0 31.2  
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 24 11.2 6.3 0.0 50.6  
120260xx01xxxx 分娩の異常 21 11.7 9.8 0.0 29.9  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 20 21.8 20.8 25.0 32.5  

 当科では腹腔鏡下手術による卵巣嚢腫等の良性腫瘍症例が最も多く、次に帝王切開等の産科における手術症例、子宮筋腫等の良性腫瘍症例、早産、切迫早産等による入院症例が多い。手術は卵巣あるいは子宮の良性腫瘍の多くは腹腔鏡下を第一選択として行っているが、あらかじめ、腹腔鏡下では困難と思われる場合には開腹手術を選択している。

 

耳鼻咽喉科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 23 9.4 8.1 0.0 22.5  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 21 7.1 5.2 0.0 63.7  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 15 10.7 7.8 0.0 60.1  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 12 6.9 5.5 0.0 34.7  
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 11 1.6 3.3 0.0 4.8  

扁桃、アデノイドの治療での入院が最も多くなっています。前庭機能障害で入院される患者さんの平均剤医院日数は全国平均より短くなっています。

耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍手術に関しては、在院日数が全国平均より若干長くなっていますが、転院件数はありません。扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎が4番目に多く、次に、滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞での入院件数となっています。

 

循環器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(検査入院) 367 3.1 3.1 0.0 69.5  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(カテーテル治療) 209 6.1 4.7 0.5 70.9  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 69 12.6 11.4 8.7 78.1  
050130xx99000x 心不全 57 19.7 18.0 14.0 79.3  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 36 18.6 13.0 2.8 66.6  

狭心症などの安定した虚血性心疾患の入院期間は、検査入院は3日、カテーテル治療入院は4日です。徐脈性不整脈でのペースメーカー植え込み術の入院期間は7日です。
心不全に関しては、急性期から慢性期までの治療に時間を要し、入院期間は平均約20日ほどとなっています。急性心筋梗塞などの場合、急性期治療とその後の栄養指導・服薬指導・心臓リハビリテーションを行うため、2週間ほどの入院期間となります。

 

小児科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
040100xxxxx00x< 喘息 140 5.4 6.4 0.0 1.9  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 126 5.5 6.0 0.8 1.3  /td>
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 81 3.6 5.5 0.0 3.4  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 68 7.0 6.2 2.9 0.0  
030270xxxxxxxx 上気道炎 57 4.9 4.8 0.0 2.4  

当院は佐賀県の小児救急拠点病院・地域周産期医療施設に指定されており、小児の一般的な疾患(喘息、急性気管支炎・肺炎・上気道炎、急性腸炎)の救急受診対応を行っており、3階西病棟ではそれらの疾患の入院医療を小児科チームとして行っています。また新生児治療室において、35週以上の早期産児、低出生体重児の治療を行っています。

 

消化器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)(手術あり) 78 14.6 11.7 2.6 72.8  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 70 12.1 11.1 5.7 77.9  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 44 17.6 10.3 9.1 71.9  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 38 9.9 9.0 5.3 74.9  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 33 10.6 10.9 9.1 70.0

当院では肝臓内腫瘍および胆道腫瘍の治療を外科・放射線科と連携しつつ治療を行っています。手術適応のある病変に関しては外科と協働して治療にあたっています。肝臓がんに関しましてはラジオ波焼灼術、肝臓動脈塞栓術、エタノール注入術等も施行しています。手術不能の胆道がんの患者様につきましてもステント挿入術、その後の化学療法・緩和ケアも遺漏なく行っています。総胆管結石による胆管炎にかんしても24時間体制で緊急内視鏡術が施行できる体制を整備しております。胃がんの原因とされるヘリコバクターピロリ除菌も積極的に行っています。また、内視鏡検査では、ごく早期のがん発見に精力を注入しています。早期がんに対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行し、手術適応のある、がんに関しては外科とのカンファレンスで最適な治療を選択しています。手術不能例に関しても最新の化学療法で対応しています。胃がん、や膵臓がんにより胃からの食事通過が困難となった手術不能の患者様に対しても適応があればステント挿入をおこない患者様の生活の質を落とさぬ最高の治療を心がけています。出血性胃潰瘍、十二指腸潰瘍にも24時間、対応できる体制を整備しています。

 

心臓血管外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 42 2.0 3.3 0.0 62.8  
050050xx0100xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 20 25.0 20.7 45.0 71.7  
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 16 27.4 20.9 18.8 70.1  

当科における診療体制の特徴は、虚血性心疾患、弁膜症、大動脈瘤に加えて、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、慢性腎不全患者の内シャント作成術など多岐にわたる血管疾患を対象としている点です。

冠動脈バイパス術におきましては、心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)を基本術式としており、高齢者に代表されるハイリスク症例に対しても良好な成績を挙げています。また、大伏在静脈の採取においては、内視鏡下に行うことで低侵襲化に努めています。弁膜症に関しては、僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術を積極的に行い、可能な限り心房細動に対するメイズ手術を併施して、心機能の改善やQOLの向上を目指しています。大動脈疾患に関しては、全身状態の許す限り積極的な手術を行っています。急性大動脈解離や動脈瘤破裂例が多く、半数以上が緊急手術となっています。ハイリスク症例に対するステントグラフト内挿術も年間20例程度行っていますが、佐賀大学、東京女子医大と提携して開窓型ステントを多用して低侵襲化に努めています。また、下肢静脈瘤に対するレーザー焼灼療法も平成28年より開始しています。

 

神経内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 46 19.9 16.5 34.8 69.1  
010230xx99x00x てんかん 24 12.1 7.1 16.7 58.8  
010160xx99x00x パーキンソン病 19 17.5 18.7 10.5 79.7  
010160xx99x10x パーキンソン病(検査入院) 18 20.3 21.2 16.7 74.8  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 15 9.6 6.4 0.0 65.9  

神経内科では、虚血性脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作)とてんかんで全体の約70%を占めています。早期の治療(t-PAなど)とリハビリテーションが主な治療となります。当科では脳神経外科と共に脳血管治療を行っており、当院の東救命救急センターではもっぱら脳血管疾患の患者さんを対象に治療を行っています。リハビリテーションは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が加わり、それぞれの機能回復の為の早期よりのリハビリテーションに力を入れています。
発症3日以内で意識障害の程度が軽度の方の入院数が最も多く、平均在院日数は19.9日と全国平均よりやや長めですが、一部の患者さんでは転院を余儀なくされています。てんかんの患者さんの平均在院日数も全国平均よりやや長めになっています。一方で、てんかんの患者さんの入院期間は全国平均よりやや短くなっています。

 

腎臓内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 43 18.1 12.8 14.0 72.8  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 23 35.4 22.7 4.4 69.8  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(手術あり) 19 14.8 8.9 0.0 67.1  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 18 20.2 12.4 27.8 74.7  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(手術・処置あり) 16 39.6 37.1 18.8 69.6  

 慢性腎炎症候群、ネフローゼ症候群で入院となった患者さんは、可能であれば腎生検を行い確定診断を行い、引き続き適切な加療を行います。副腎皮質ステロイドホルモンを中心とした免疫抑制剤の投与が主流となりますので、検査のみの入院でなければ1ヶ月以上の入院が必要となる場合があります。
慢性腎不全で入院となる患者さんの内訳としては、腎不全の精査・教育目的、ブラッドアクセス関連手術、血液透析導入、維持透析中の合併症加療で入院となる症例などに分かれます。シャントトラブルで短期入院となる症例を除いては、どれも1~2週間以上の入院加療になることが多いです。

 

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 176 27.8 27.6 71.6 81.7  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 69 30.0 20.6 43.5 80.1  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 63 9.0 5.5 1.6 52.4  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 60 36.3 26.3 6.7 77.0  
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 29 8.7 5.3 0.0 16.2  

当科では、大腿骨頸部骨折患者の入院が最も多く、次に胸・腰椎の圧迫骨折患者が続いている。これらは、高齢による骨粗鬆症に伴い、転倒等で骨折する場合が多く、回復に時間がかかり転院が必要な患者さんも多い。前腕の骨折はいわゆる脆弱性骨折ではない、外傷による骨折である(交通外傷、スポーツ外傷を含む)。次に変形性膝関節症あるいは関節リウマチの患者へ膝関節の人工関節置換術を目的とした入院が多くなっている。

 

総合診療科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 22 22.0 21.3 27.3 86.4  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 18 11.3 12.4 0.0 77.4  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 14 13.3 13.6 14.3 88.0  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 14 25.6 19.2 42.9 78.9  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 12 12.8 15.3 8.3 85.4  

総合診療科では専門的な処置を必要としない、高齢患者さんに一般に多くみられる疾患(コモン・ディジーズ)に対応しています。そのため、肺炎や尿路感染症といった入院患者が多くを占めます。特に当科では呼吸器内科との協力の下、細菌性肺炎に加え間質性肺炎、気胸の治療や、胸水貯留の精査なども行っています。一方、原因がはっきりとは分からない感染症、特に敗血症といって、集中治療を要するような重症な患者さんの治療にも対応しています。その他急性胃腸炎、心不全、関節炎、意識障害、浮腫、電解質異常、皮膚疾患など、当科が治療対象とする疾患は多岐にわたります。必要な時は各専門診療科と連携を取って診療を行っています。

 

脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 28 16.9 7.5 28.6 64.9  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 27 30.0 19.4 88.9 74.1  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 22 20.7 9.9 31.8 78.9  
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 11 22.9 16.0 0.0 65.3  

脳神経外科では、頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍といったさまざまな脳神経疾患を診療しています。その多くが、一刻を争う緊急の対応や高度な診断・治療技術を要求されるものです。当院脳神経外科では、頭蓋・頭蓋内損傷において手術せずに治療する症例が最も多く、次に脳出血症例が続いている。頭蓋・頭蓋内損傷にて手術処置を行う症例がその次に多く、未破裂の脳動脈瘤手術が4位となっている。

 

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 48 15.1 7.4 6.3 74.9  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 27 12.6 5.8 0.0 68.4  
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 23 10.7 9.4 4.4 76.7  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 16 13.9 10.0 0.0 71.6  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 15 10.3 12.4 0.0 66.7  

当科では、膀胱悪性腫瘍で経尿道的手術を施行する症例が最も多く、次に上部・下部の尿路結石を中心に上部尿路良性腫瘍、神経因性膀胱等の件数が多く、次に前立腺肥大症に対して経尿道的な手術症例、さらに急性腎盂腎炎等の尿路感染症の入院件数が多くなっている。




初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage ⅠStage ⅡStage ⅢStage Ⅳ不明
胃癌 52 12 4 98 10 - 1 7
大腸癌 15 30 42 23 6 94 1 7
乳癌 16 47 30 - - 12 1 7
肺癌 39 10 25 47 - 156 1 7
肝癌 - 23 12 - - 106 1 7

※1:UICC TNM分類

胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんは一般的に5大がんと呼ばれています。当院で初めて診断あるいは治療を受けた、いわゆる「初発」の患者さんの数を、 UICC 病期分類別と再発に分けて集計しています。 UICC 病期分類とは、国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期の 4つの病期(ステージ)に分類したものです。2016年度の1年間に退院した患者さんを集計し、集計期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしています。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、局所再発や遠隔転移をきたした場合を指します。



成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

 患者数平均在院日数平均年齢
重症度 0 36 10.6 56.0
重症度 1 67 16.9 80.0
重症度 2 50 17.6 84.3
重症度 3 13 20.3 85.5
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

10症例未満は「-」で表示

市中肺炎とは、 日常の社会生活の中でかかる肺炎で、院内肺炎や医療・介護関連肺炎と区別されます。成人市中肺炎診療ガイドライン (日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。ここではインフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や誤嚥性肺炎などは集計対象外です。中等症から重症の患者数が多く、重症度に従ってより高齢になっています。



脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10傷病名発症日
から
患者数平均在院
日数
平均年齢転院率(%)
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 18 10.39 64.89 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 162 28.02 75.41 39.06
その他 30 19.3 75.93 5.21
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 22 15.91 69.68 4
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

一過性脳虚血発作、脳梗塞、脳動脈の閉塞あるいは狭窄で脳梗塞に至らなかった症例において、平均在院日数は若干長いものの転院率は比較的低いのではないかと思われる。



診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 62 1.7 4.5 8.1 68.6  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36 3.4 14.4 5.6 72.2  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31 2.2 6.2 0.0 60.5  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 26 3.3 14.5 7.7 69.2  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 24 0.5 5.7 4.2 26.5  

当科では手術の多くで低侵襲手術である内視鏡手術を積極的に取り入れています。呼吸器外科では肺癌に対し、その大半が胸腔鏡補助下となっております。消化器外科では悪性疾患については胃癌、大腸癌に対し積極的に腹腔鏡手術をおこなっています。最近では鼠経ヘルニア、虫垂炎に対しても、そのほとんどが腹腔鏡手術となっております。また、良性の胆嚢疾患に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術をおこなっています。


眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 408 1.0 2.1 0.5 75.1
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 63 1.0 6.2 0.0 65.7

白内障手術は短期入院で行っています。通常、局所麻酔で短時間で安全に手術が可能です。ただし、認知症等手術での協力が得られない可能性が高い患者さんの場合、安全性の観点から全身麻酔で対応する場合もあります。高齢者が多いので全身の合併症をもつ患者さんも多いのですが、かかりつけ医、あるいは、当院、循環器内科を始めとする内科医師や麻酔科医の協力を得ながら手術の判断を行っています。 硝子体手術は、振興した糖尿病性網膜症や黄斑前膜、黄斑円孔などの黄斑疾患、網膜剥離、網膜静脈閉塞症における黄斑のむくみなどに対して行っています。


産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側)(腹腔鏡) 39 2.1 5.3 0.0 46.8  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 38 1.9 5.1 0.0 46.5  
K877 子宮全摘術 35 2.3 10.0 2.9 55.8  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 33 3.5 9.6 0.0 30.5  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 33 2.8 12.7 0.0 60.3  

当院、産婦人科では子宮付属器の良性腫瘍や癒着剥離は腹腔鏡下での手術を第一選択としているが、腫瘍の大きさ等腹腔鏡下で困難と思われる場合には開腹手術を行っている。また、産科に関連した緊急の帝王切開術も迅速に判断し行っている。


耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 1.2 7.7 0.0 25.7
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 1.6 7.5 0.0 53.7

主な手術は口蓋扁桃摘出術ならびに内視鏡下での鼻・副鼻腔手術となっていますが、真珠腫性中耳炎、甲状腺、副甲状腺腫瘍の手術等も行っています。


循環器科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 179 2.6 3.1 0.6 70.6
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 59 2.2 10.0 6.8 78.8
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 42 0.0 25.5 9.5 68.4
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 22 2.0 3.5 0.0 69.9
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 2.7 6.9 4.8 73.8

狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患の治療が多く、主な治療法は経皮的冠動脈ステント留置術(主に薬剤溶出性ステント)を行っています。

徐脈性不整脈に対して、ペースメーカー移植術を行っています。

また、下肢閉塞性動脈硬化症に対して血管拡張術・ステント留置術など行っています。


消化器科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 266 1.3 2.5 1.1 68.9
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 72 1.7 10.1 1.4 72.7
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 53 0.8 20.6 18.9 79.6
K654 内視鏡的消化管止血術 71 0.9 13.0 11.3 73.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 43 2.5 17.4 9.3 75.2

当科では大腸がんの発生源とされる大腸ポリープに対する内視鏡的切除術を施行しています。また、大腸早期がんに対しましても適応があれば内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を導入し根治をめざしています。佐賀県は肝臓がん発生、全国No1とされていますが、肝臓がんに対する血管塞栓術を放射線科と協働で施行しています。

食道から直腸にいたる全消化管の出血に関しましても24時間体制で内視鏡的止血術を施行できる体制です。

また、当院は佐賀県初の胆道学会認定専門施設となっています。総胆管結石に対して内視鏡的乳頭切開術、胆管閉塞に対する内視鏡的胆道ステント挿入術も状況に応じて早急に対応できる体制を整備しています。


心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K6172 下肢静脈瘤手術(硬化療法) 40 0.0 1.0 0.0 63.7
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 14 4.9 26.9 42.9 72.4
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 12 8.5 17.8 33.3 69.3
K5551 弁置換術(1弁) 12 6.6 31.5 25.0 73.7

平成28年の心臓血管外科で多い手術は、弁膜症手術52例、下肢静脈瘤50例、大動脈疾患(大動脈解離、動脈瘤など)31例、虚血性心疾患(冠動脈バイパス術

心破裂など)が30例などです。ステントグラフト治療も18例で年々増加傾向にあります。


腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 57 4.8 18.4 12.3 71.4
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 24 0.3 2.0 0.0 68.8

ブラッドアクセス関連手術(内シャント設置術や経皮的シャント拡張術・血栓除去術)は、血液透析を行う際に必要なシャントに必要なものです。 内シャント造設術は、上肢の静脈と動脈にそれぞれ数mm程度の開口部を作成し、静脈と動脈の開口部を細い糸で結び合わせる手術です。それによって動脈の血液の一部が静脈に流入し、上肢の静脈が発達することで(内シャント)、動脈よりも穿刺しやすく、疼痛も少ないより透析に適した血管となります。抜糸まで10-14日間程度必要です。

 内シャントを作成できる血管がない場合は、人工血管を上肢の皮下に植え込み、動脈と静脈の間に人工血管を移植します(グラフトシャント)。術後上肢に腫れが出るため、約2週間程度でその腫れが消失した時点で人工血管に針を刺します。

 経皮的シャント拡張術は、シャントの一部が細くなったりして、血液を十分に取り出せない状態となったときに、そこをバルーンを用いて拡張するものです。シャントの血流が消失してしまうと、血液の塊(血栓)ができて透析ができなくなるため、その血栓を取り除く処置が必要となることもあります(血栓除去術)。


整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 147 1.4 29.2 60.5 75.6  
K0821 人工関節置換術(膝) 80 3.7 32.2 7.5 75.4  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 63 1.9 22.1 74.6 82.4  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 58 1.1 7.1 1.7 53.7  
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 46 1.5 33.0 6.5 63.0  

外傷による上腕の骨折手術が最も多いが、膝関節の人工関節置換術、大腿骨頸部骨折時の人工骨頭挿入術、前腕、下腿、手舟状骨骨折に対する手術の順に多くなっている


脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 24 2.7 22.5 29.2 80.6  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 2.5 42.9 25.0 64.7  

当院における脳神経外科手術症例は、慢性硬膜下血腫に対する手術と脳動脈瘤のクリッピング手術が1位2位となっているが、脳梗塞再発予防の頸動脈内膜剥離術やバイパス手術、脳動脈瘤のクリッピング術、脳動静脈奇形などの特殊な血管障害に対する手術、顔面痙攣や三叉神経痛、舌咽神経痛に対する神経血管減圧術、脳腫瘍、脳出血、脊髄脊椎疾患と様々な疾患に対応している。


泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率
(%)
平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 51 4.1 10.6 7.8 74.9  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 2.4 15.1 8.0 71.1  
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 16 3.0 9.9 0.0 71.6  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 15 3.6 7.9 0.0 69.5  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 5.5 14.1 7.1 70.1  

当科では、経尿道的膀胱悪性腫瘍手術が最も多く、経尿道的尿管ステント留置術、経尿道的前立腺手術、経尿道的尿路結石除去術、腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術お順に多くなっている。開腹手術は少なく、経尿道的あるいは腹腔鏡下の手術が主体となっている。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC傷病名入院契機症例数請求率(%)
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる 17 0.19
180010敗血症同一 53 0.58
異なる 26 0.28
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 69 0.76
異なる - -

 

播種性血管内凝固症候群は敗血症等重篤な感染症その他で合併する病態である。敗血症は腎盂腎炎や肺炎等感染巣の原因となる疾患がはっきりとしている場合と、入院当初からは感染巣がはっきりせず、敗血症として重篤な病態で入院する場合がある。手術処置の合併症の頻度は近隣の病院(平成27年度データ)と比較して遜色がない。

 

更新履歴

平成29年9月28日 平成28年度版 病院指標を公開しました。